毎年11月第一日曜日は故人記念礼拝となっています。ご遺族の方々も多数出 席されて、共に礼拝をささげました。礼拝後、食事をしながら、故人の写真をス ライドを見ながら、ご遺族に思い出を語っていただきました。
 私たちの教会でこの一年の間に天に召されたのは、教会の開拓期からのメンバー であったH兄でした。教会役員をはじめ、CS教師、男性会会長など、さまざま な働きを担っていてくださった方でした。私が約20年前に仙台に着任したとき、 仙台駅にて山口明雄先生と共に出迎えてくださった方の一人で、H兄の車に乗せ られて教会まで来たことを思い出します。CSキャンプでの奉仕、土曜日の会堂 清掃、水曜日の祈祷会、様々な大工仕事、H兄のスライドを見ながら、この20 年間の出来事を思い出しました。
 茶話会後、H兄の納骨のために教会墓地がある「みやぎ霊園」に参りました。 ご遺族だけでなく、教会の方々もたくさん行ってくださいました。新聖歌468 番「やがて天にて」を賛美しながら、天における再会に望みを持たせていただき ながらも、涙がこぼれました。牧師にとり、教会員はやはり大切な家族であり、 人によって自分の親や兄弟よりも近くに接しているため、その教会員を天にお送 りすることは、やはり寂しいこと、悲しいことだなあと思いました。
 新会堂を建てようとしているこのとき、来年の故人記念礼拝まではどなたも召 されずに、一緒に新会堂で礼拝をささげたい、そのように思わされた納骨式でし た。

故人記念礼拝
茶話会
納骨式
名前が記されました

今日は弘前教会での奉仕でした。「新青森駅のホームは寒いかもしれない」と教えられていたので、薄手のコートを来て行きました。「今日はさすがにコートは要らなかったなぁ」と思っていたのですが、新幹線からローカル線に乗り換える新青森駅のホームは冷たい風が吹き、コートを着ていて良かった、と思いました。やはり、仙台とは寒さが違いました。
 行く途中、弘前が近づくと、紅葉の岩木山と、りんごを実らせた木々と、この10月ならではの風景でした。次回来る12 月は、もう収穫が終わっているとのことです。
 聖餐式礼拝のあと、昼食では栗ご飯と、美味しいりんごをいただきました。りんごを食べるのはこのシーズンは初めてでした。「ふじ」よりも甘い「トキ」という品種と、「黄王」という品種のりんごをいただきました。弘前のりんご、やっぱり美味しかったです。

 仙台の礼拝は、次世代育成主事の先生が来てくださり、メッセージと若者との交わりをしてくださいました。教団主催の若者向けの集会などになかなか参加出来ない私たちの教会にとって、とても良い時でした。ユースジャム2021に、私たちの教会からも若者が多く参加できるようにと願っています。次世代育成主事の先生が来てくださって繋がりが出来たことにより、教団のこのような集会に関心が向けられることと期待しています。遠くからのご奉仕に心より感謝いたします。

岩木山
愛情たっぷり

台風19号の影響で、13日(日)の午後から14日(月)にかけての教区クリスチャンミーティングの開催が危ぶまれましたが、なんとか可能なのではない かということで、行われることになりました。
 13日(日)午後、私たちの教会から会場の「みどりの郷」に向けて出発しよ うとしていたとき、講師の先生から連絡があり、「東北新幹線がストップしてい るので、これから車で向かいます」とのこと。その時点では、東北自動車道も通 行止め区間があり、東京からはとても来ることができないので、教区長の大前先 生と相談し、「それほどまでしておいでいただくのは申し訳ないので、大変申し 訳ないのですが、今回は来ていただかなくて結構です」と心からお詫びして、お 断りしました。
 私たちも午後1時過ぎに教会を出発しましたが、高速道路は古川ICまでは通 行止め、一般道も通行止めの箇所があり、その迂回路が大渋滞で、通常ならば1 時間40分ぐらいで行けるところ、倍以上の約4時間かけて到着しました。
 このため、予定していた最初のプログラムは中止となり、夕食から始まりまし た。そして、ピンチヒッターの講師として、教区長の大前信夫先生が2回のメッ セージを語ってくださいました。このようなハプニングだからこそ、大前先生の メッセージをお聞きすることができ、豊かな恵みをいただきました。
 築館教会のK姉も最初の集会に出席され、証しをしてくださいました。「許さ れるかぎり、築館教会で信仰生活を続けたい」との言葉が心に残りました。
 この2日間、テレビのニュースを見ていませんでしたが、家に戻ってきた後、 テレビをつけて、日本各地で、台風の被害がすごく大きかったのですね。昨日、 迂回路を通っているときも、浸水したであろう地域が幾つもありました。報道は されてない、けれども被災した地域、住民の方々が実に多くおられるのだと思い ました。
 年に一度の東北教区の大切な集会をこのような形で無事に行うことができたの は、主の憐れみだったと思いました。いつもお祈りを感謝いたします。

 新会堂のための実施設計が進んでいますが、会堂委員だけでなく、教会全体で 設計について協議できるように、今日は縦割り部会を行いました。3つのグルー プに分かれて、教会堂の外観について、礼拝堂を中心とする内装について、そし て住宅設備機器の仕様選定について、話し合いました。みんなで新会堂の設計に 関わることができ、感謝なことでした。設計完了まであと一ヶ月ほどでしょうか。
良い新会堂を建てることができますように。
皆さまのお祈りを心より感謝いたします。

耐久性がある壁に
CGのお陰で
イメージが湧きました♥
縦割り部会の写真
礼拝堂正面の壁は
2種類から
埃がたまらない方が
いいね!
清潔で掃除しやすい方が
いいわね☆
トイレ談義に花が!

今年も「敬老の日」を前に、敬老祝会を礼拝後に行いました。75歳以上の方々を対象にして、お祝いをしました。今日は10名の方々が出席されました。最高齢は94歳、11月には95歳になりますが、とてもお元気で毎週の礼拝に出席しておられます。礼拝をささげることを主への最高の奉仕として受け止め、このように喜びをもって礼拝に集う高齢の方々が多くおられることを本当に嬉しく思います。
 来年は新会堂にて、みんなでこの日を迎えることができるようにと願っています。


神の家族との愛餐。ごちそうに感謝します。

敬老の方々。来年は新会堂で♪

教会からのプレゼント

94歳!とってもお元気、励まされます(^^)

 今日は私たち夫婦は夏季休暇ということで、仙台教会の礼拝は説教CDによる礼拝でした。

 これを利用して、私は会堂建築の参考のためにずっと訪問したいと願いながら実現できていなかった辻堂教会の礼拝にお忍びで行って来ました。礼拝15分前くらいに着いたでしょうか、島津先生が、「事前に連絡してくださればいいのに」と目を丸くして言われましたが、「いえいえ、休暇ですので」とお返事したことでした。

 私たちの新会堂は、この辻堂教会のように、説教壇を中心に取り囲むようにして座席を配置する、いわゆる集中方式を採用しています。講壇部分が高くなっていませんが、何の違和感をありませんでした。 
 また、私たちもこれがいいなと思っているエレクトーンは、とっても良い音でした。民家の中に会堂が建っているのですが、音漏れは大丈夫とのこと。これだけ大きな音を出しても大丈夫なんだぁ、と思いました。

 辻堂教会の礼拝に伺ったもう一つの理由は、もちろん、結婚で辻堂に行かれたAIさんご夫妻の顔を見るためでした。久しぶりにお会いできました。私たちの会堂のためにも、いつも祈っていてくださいます。感謝です。

 礼拝後に、島津先生に紹介されて、いつも他の教会に行った時にお話させていただくことをお伝えしました。「私は教団の中で、牧師の夏季休暇取得推進委員会の委員長をしております。(委員は私だけの非公式委員会なのですが)ぜひ、島津先生ご夫妻にも、日曜日を挟んだ休みを差し上げてください。牧師は自分からはなかなか言い出せないものですから、ぜひ皆さんからご配慮いただきたいと思います」と。

 我ながら、いつも大きなお世話だなぁと思いますが、それでも、「次の年から夏休みをもらえるようになりました」と言ってくださった牧師がこれまでに数名おられますので、この委員会は今後も続けたいと思います。  明日からの東京での会議に合わせて、私もこのように他の教会の礼拝に出席させていただき、勉強させていただきました。今日の皆さんのご配慮に感謝いたします。

 今日は早めにホテルに入ってゆっくり仙台育英を応援しようと思ったのですが、大差がついています。優勝旗が白河の関を越えるのは、また来年以降になりそうですね。いつの日か、その日が来るのを楽しみに待ちたいと思います。

  今週は夏季休暇をもらっています。どこにも行かず、だいたい家にいるのですが、今日は2人の娘たちと楽天の試合を見に来ています。西日本は台風で大変だと思いますが、仙台はまだ大丈夫。風は強いのですが、今のところ雨もなく、午後5から試合が始まっています。さぁ、今日はどうなりますか。結果は、どうぞニュースをご覧ください。

カワイイ娘たちと🎵

ちなみに、今日はブルーユニフォームが全員にプレゼントされる日。早速3人とも着て応援しています。なお、野球に全く興味のない裕子さんはおウチでゆっくりしています。

ラッキーセブン!今日は青💙

11回裏、サヨナラ勝ち!5時間を超える長い試合でしたが、今年は2回ともサヨナラ勝ち。今日は観客動員の新記録とのこと。楽しみました。

逆転勝利!
銀次、ありがとう\(^^)/


今日は弘前教会での礼拝奉仕でした。いつもと同じ、仙台駅を6時40分発の新幹線に乗りましたが、今日はお盆の帰省と重なったからでしょう、いつもは日曜日のこの時間の列車は、一両に数人しか乗っていないのですが、今日は7〜8割は埋まっていました。  今日は青森は涼しく、乗り換えをする新青森駅のホームでは、長袖のパーカーを来ている人もいました。   弘前教会では、いつものように、CSを行い、聖餐式礼拝を行いました。15名の礼拝でした。   

私を見たある方が、「先生、ちょっと痩せたんじゃありませんか?」と言われました。このところ、久しぶりにお会いする方から、よく同じことを言われます。先日の検診の結果はとても良好で、ずっと数値が高めで気にかけているコレステロールの数値もこの数年では最も低い数値ですので、甘いものを少し控えている結果、少し痩せたのかなと思います。実際には、一年前より2〜3キロしか痩せてないのですが。  いろんな方から「痩せた」と言われるものですから、「そうですね、もしかしたら、大きな病にかかっているかもしれませんから、そのときは、『半年前、佐藤先生とそういう話をしていたのです』と思い出してください」と伝えることにしています。

こんなことを書くと、心配される方がいますが、私自身は今のところ元気にしています。そもそも、命は神の御手にありますから、神さまが考えていてくださるでしょう。 

今日、私の体調を心配してくださったその方は、「世の中では、家を建てると人が死ぬ、と言いますから、会堂建築で大変なとき、くれぐれもお体を大切になさってください」と、半分脅すようにして、案じてくださいました。

   会堂建築はまだこれからですから、無理をせず、体調に留意しながら進めたいと思います。引き続き、お祈りくださいますようお願い致します。
よろしくお願いします。

岩木山

 今年も4日(日)から5日(月)にかけて、CSキャンプがドミニコの家で行いました。今年は奥羽教区から4名の中高生と5名の先生方・奉仕者が参加され、 初めての合同キャンプとなりました。
 心配された猛暑ですが、4日はカンカン照りではなかったため、比較的過ごし やすい気温でとても助かりました。
 初めての子どもたちも何人もいましたが、みんなと仲良しになり、楽しいキャ ンプとなりました。例年よりも多い参加者、奉仕者だったため、どの部屋もいっ ぱいでしたが、みんな大丈夫だったようです。これらの子どもたちが、続けて教 会に集うことができますように。
 2年前に、ずっとCS教師をしておられたO兄が召され、今年はいつもキャン プファイヤーなどのアウトドアの奉仕をしてくださっていたH兄が召され、寂し さを覚えながらでしたが、初めて参加した子どものご両親が奉仕に加わってくだ さいました。
 多くの方々に支えられ、今年も恵みのうちにキャンプを終えることができまし た。皆さまのお祈りに感謝いたします。なお、ずっと続けて使わせていただいて きましたドミニコの家は、来年3月で閉鎖となるということです。ドミニコの家 でのキャンプは、今回が最後となりました。たくさんの恵みを感謝します。来年 のキャンプはどうなるのでしょう。新会堂の完成の直後あたりで、もしかしたら それどころではないかもしれませんが、主の導きを探りつつ、またの機会を楽し みにしたいと思います。
 いつもお祈りを感謝いたします。

レクレーションの様子
アイスブレーク★
レクレーションの写真
文字作りゲーム(^^)
キャンプのキッチンの様子
美味しかったです(*^_^*)
バーベキューの用意
肉体労働、感謝します!
パンくず作成している写真
「5千人の給食」
結婚式の様子
「カナの婚礼」
恒例のスイカ♥
朝食の風景
朝食 美味しかったね☆
朝食の風景
修養生のまい先生と♪
プレゼントを渡しています。
感謝を込めて。  キャンディレイとみ言葉マグネット

集合写真
☆集合写真☆                                      

  今日から教団の夏季聖会が始まりました。場所は富士五湖の一つ、西湖のほとりに建つホテル。残念ながら、関東も梅雨空のため、私の大好きな富士山は全く見えず、景色を楽しむまでに行きません。今日から3日間ありますので、一度は富士山を見て帰りたいなあと思います。

  集会そのものは、最初の青年聖会からとても恵みあふれる集会となっています。今日の夜の集会で司会の奉仕が終わりましたので、残り2日間は自分が主の恵みをいただくことに専念したいと思います。お祈りを感謝いたします。

会場のホテル