ガリラヤ湖の水の上を歩いて近づいて来た人が主イエスであると分かると、ペテロは「私に命じて水の上を歩かせてください」と願い出ました。すると主イエスは、「おいでなさい」と言われました。それに答えて、ペテロは主イエスに向かって水の上を歩き出しました。
 ところが、吹いてきた風を見て怖くなり、おぼれかけてしまいました。「主よ、お助けください」と、ペテロは必死に助けを叫び求めました。この物語でよく語られる解説は、このとき、ペテロが目を逸らさずに、まっすぐに主イエスだけを見つめていたならば、おぼれることなく主イエスのもとへ歩いて行けたであろう、というものです。主イエスの「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」というペテロへの言葉は、それを裏付けているようです。
 しかし、このときの弟子たちの中で、ペテロ以上に信仰の強い人はいませんでした。弟子たちの中で最も信仰の強いペテロでさえ、怖くなっておぼれかけたのです。そのように、私たちは皆、主イエスの目から見れば信仰の薄い者でしかありません。自分で自分を救うことなどできない者たちです。
 しかし、そのような者たちを引き上げてくださる主がおられます。このとき、ペテロの叫びに答えて、主イエスは力強い御手をもって引き上げてくださいました。これらを見た弟子たちは、「ほんとうに、あなたは神の子です」と告白しました。
 一年の歩みにおいて嵐に遭うときも、その私たちを引き上げてくださる主が私たちと共におられます。その主への信仰を告白し続ける歩みをさせていただきたいと思います。
(仙台南光沢教会牧師 佐藤信人)

 パンの奇跡の後、主イエスは弟子たちを強いて舟に乗り込ませ、ガリラヤ湖の向こう岸に渡るように命じました。ところが、弟子たちが乗った舟は逆風に遭い、湖の真ん中で立ち往生していました。弟子たちが嵐に苦しみ、主イエスに最もそばにいて欲しいと思うとき、主は彼らと共にはおられませんでした。
 しかし、主イエスは彼らを見捨てておられたのではありませんでした。漕ぎ悩む弟子たちのことを心に留めておられ、海の上を歩いて彼らのもとへ近づいて行かれました。
 ところが弟子たちは、それが主イエスだとは分からず、幽霊だと思い、恐怖のあまり叫び声を上げました。彼らは、主イエスがこんなところにおられるはずはないと思い込んでいたため、近づいて来られた主を見ても、その事実に気づかなかったのです。私たちも弟子たちのように、主イエスが共におられるのに、そのことを信じられず、恐れに囚われてしまうことがあることでしょう。
 このとき、主イエスは怯えて叫ぶ弟子たちに声をかけられました。「しっかりするのだ、わたしである。恐れることはない」。嵐の中にあっても、主イエスが共におられるからこそ、もはや恐れる必要はないと告げられたのです。この主イエスの語りかけを耳にしたとき、弟子たちはそれが主イエスであると分かりました。「主よ、あなたでしたか」と。
 私たちの人生においても、嵐に遭うときがあります。そのとき、主の臨在を忘れ、恐れに囚われてしまう私たちに、主はみ言葉をもって励ましてくださいます。主が共におられるからこそ、嵐の中をも勇気をもって生きることができるのです。
(仙台南光沢教会牧師 佐藤信人)