礼拝メッセージ要約(説教者による)  
2018年4月~6月*

4月1日(月)
「予想を覆す復活の喜び」
(マタイ28:1-10)

 主イエスの十字架の死と埋葬を見届けた女性の弟子たちが、安息日が終わった日曜日の朝、墓へとやってきました。主イエスの復活を期待してやってきたのではなく、主イエスの亡骸に香料を塗りつつ、その死を悲しみ嘆くために来ました。彼女たちも主イエスが復活されることを聞いてはいましたが、とても信じることなどできませんでした。
 ところが、彼女たちの予想を裏切るような出来事が起こりました。墓に着くと、大きな地震が起こり、み使いが天から下り、墓の入り口を塞ぐ大きな石を転がし、その上に座りました。恐れ戸惑う彼女たちに、み使いは主イエスの復活を告げ知らせました。「恐れることはない。あなたがたが十字架におかかりになったイエスを捜していることは、わたしにわかっているが、もうここにはおられない。かねて言われたとおりに、よみがえられたのである」。女性たちは、主イエスの亡骸を目当てにやってきましたが、その期待は完全に裏切られたというのです。主は甦られたため、死者が住む世界である墓にはおられない、というのです。
 み使いの言葉に、彼女たちの中で命を失っていた主イエスの言葉が甦りました。そのとき、彼女たちの中で主イエスが甦り、また悲しみに沈んでいた彼女たち自身も甦り、大喜びで、他の弟子たちに喜びの知らせを告げるために走り出しました。
 その途中、復活された主イエスが彼女たちに出会い、「喜びあれ」と声をかけられました。主が死から甦られたからです。私たちも、毎週の礼拝において甦りを経験します。復活の主にお会いするとき、喜びの中に生きることができるのです。
(仙台南光沢教会牧師 佐藤信人)



4月8日(月)
「罪人への神の愛」
(ローマ5:1-11)

 私たちは自分に注がれている神の愛を、身の周りに起こってくる出来事で判断しようとします。けれどもパウロが指し示す場所は違っています。御子キリストが私たちのために、私たちに代わって十字架で死んでくださったことにより、神の愛が示されたと語ります。
 私たちがその愛を受けたのは、「まだ罪人であった時」です。神の愛を受ける資格など全くない時に、キリストは私たちのために死んでくださいました。それがどれほど驚くべきことなのか、パウロは、正しい人のために死ぬ人などいない、情け深い人のためなら、あるいはいるかもしれない、しかし、罪人のために死ぬような人など決していない、ということを語りながら、キリストはそのような考えられない愚かなことをしてくださった、と語ります。私たちがまだ罪人であったとき、そればかりか、「私たちが敵であった時」、敵対する私たちのために、キリストが十字架にかかってくださったと述べます。これこそ、神が私たちに注いでいてくださる本物の愛である、と。
 パウロは自らの人生を振り返りながら、実感を込めてこれを語ります。パウロ自身、かつてはキリスト者を迫害し、キリストに敵対して生きていました。しかし、ダマスコ途上で復活の主と出会い、救いへと招かれました。悔い改めたパウロではなく、罪のただ中にいたときに、罪人のかしらであったときに、パウロを招き、救いへと入れてくださいました。
 この神の愛が分かるとき、私たちは患難の中でも耐え忍び、神を喜びつつ生きることができます。愛の神は私たちを決して捨てることがないからです。
(仙台南光沢教会牧師 佐藤信人)



4月15日(月)
「罪を見つめさせる恵み」
(ローマ5:12-21)

 私たちは自分の中にある罪の現実を見つめることを避け、まるで罪などないかのように生きようとします。けれどもパウロは、どんな人も言い逃れできない程の徹底した罪人であり、罪と死が全ての人を支配してしまっていると語ります。
 そのように全人類に罪が及んだのは、最初の人アダムが罪を犯したことによります。アダムがエデンの園に置かれたとき、「善悪を知る木の実を食べてはならない、食べると死ぬであろう」と主に言われました。けれども妻エバが最初に食べ、誘われたアダムも同じように食べてしまいました。罪とは、神の言葉に対する不従順であり、神だけを神とせよ、という十戒の第一の戒めに反するものです。アダムが神の言葉に背いたとき、言われていたとおり、死が人間の中に入り込みました。
 パウロがアダムをここで紹介するのは、全ての者たちはアダムの子であり、「原罪」と呼ばれるような罪の性質を生まれながらに負っているからです。アダムが罪を犯したとき、エバにその罪の責任を押しつけて自分を守ろうとしました。それと同じように、私たちは自分を守るために他者を平気で切り捨てるような自己中心性を持っています。アダムそのものの姿が私たちの中にあります。
 そのような自らの罪の姿を素直に認めることができるのは、キリストによる救いを知っているからです。そのような罪人たちのために、御子キリストが十字架にかかってくださったという驚くべき恵みを知っているからこそ、罪の現実から目を逸らすことなく見つめることができます。私たちはルターが言うように、赦された罪人たちなのです。
(仙台南光沢教会牧師 佐藤信人)

2017年  1月~3月  4月~6月 7月~9月 10月~12月


2016年  1月~3月  4月~6月 7月~9月 10月~12月
2015年  1月~3月  4月~6月 7月~9月 10月~12月
2014年  1月~3月  4月~6月 7月~9月 10月~12月
2013年  1月~3月  4月~6月 7月~9月 10月~12月 
2012年 10月~12月 9月~10月 4月~6月 1~3月
2011年 10月~12月 7~9月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2010年12月
 11月 10月 9月 8月 7月 6月



 トップページへ戻る