礼拝メッセージ要約(説教者による)  
2018年1月~3月*

1月1日(月)
「いま始まる、新しい神のわざ」
(イザヤ43:14-21)

 神の民イスラエルは神に背き続けたために国が滅び、指導者たちはバビロンへと連行されました。捕囚の身となった最初のうちは、神がまもなく国を復興してくださるとの期待を持っていましたが、時間が経つうちにその期待は薄れ、人々の心は空しさで覆われていきました。
 将来に希望が持てなくなると、人々は過去の歴史に慰めを求め、イスラエルにとっての救いの原点である出エジプトの奇蹟を繰り返し思い起こしました。けれどもそれは、自分たちをエジプトの国から救い出してくださった神が、このバビロンからも救い出してくださるに違いない、というのではありませんでした。かえって、出エジプトの奇蹟を起こしてくださった神が、今は何もしてくださらない、と不満を表明するようになっていました。
 そのような民に対して、預言者は驚くべき神の言葉を語ります。あなたがたは、さきの事、すなわち、出エジプトの奇蹟ばかりを思い起こすのはやめなさい、と。神による新しいわざに期待するためには、過去との訣別が必要でした。その上で、「見よ、わたしは新しい事をなす。やがてそれは起こる」と告げられました。出エジプトのときとは異なる、全く新しいわざを神ご自身が行ってくださるというのです。しかも、そのみわざはすでに始まっていると言われます。それは、人間の力が尽きたときにこそ始まる神のみわざでした。
 今も、私たち信仰者がその信仰に疲れ、自分たちの側の可能性が尽きたようなとき、神はそこから新しいみわざを行ってくださいます。この神の言葉に励まされ、私たちは前に向かって歩みを進めていくのです。
(仙台南光沢教会牧師 佐藤信人)



1月7日(月)
「罪を思い出さない神」
(イザヤ43:14-28)

 出エジプトの奇蹟のみわざばかりを思い起こしていた捕囚の民に対して、主は「さきの事を思い出してはならない」と言われました。過去における神の恵みのわざの思い出が、新しいみわざを期待するのをかえって妨げていたからです。
 さらに神は、「もうあなたの罪を思い出さない」と言われました。このとき彼らは、先祖から続く背きの罪のために神の裁きを受け、長い間囚われの身となっていました。その自分たちの罪を否定することなどできず、自分で自分を救う、自己救済の可能性もありませんでした。  彼らに残された救いの道は、神によって罪を赦していただくしかありませんでした。だからこそ、主は「わたしこそ、わたし自身のためにあなたのとがを消す者である。わたしは、あなたの罪を心にとめない」と言われました。民の功績などではなく、神の側の一方的な憐れみによって、民の罪を赦すというのです。
 罪を忘れるといっても、それは決して簡単なことではありませんでした。その方法は、「あなたの罪の重荷をわたしに負わせ」とあるように、主ご自身が彼らの罪の重荷を背負うことによってでした。「負う」という言葉は、名詞になると「しもべ」という言葉になります。イザヤ書は後半にかけて、神によって遣わされた苦難のしもべを紹介します。「まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった」(53:4)。
 この預言は、御子キリストにおいて成就しました。主イエスが十字架で私たちの罪を負うことにより、救いが与えられました。キリストのゆえに、神は私たちの罪をもはや思い出さない、と告げてくださるのです。
(仙台南光沢教会牧師 佐藤信人)

2017年  1月~3月  4月~6月 7月~9月 10月~12月
2016年  1月~3月  4月~6月 7月~9月 10月~12月
2015年  1月~3月  4月~6月 7月~9月 10月~12月
2014年  1月~3月  4月~6月 7月~9月 10月~12月
2013年  1月~3月  4月~6月 7月~9月 10月~12月 
2012年 10月~12月 9月~10月 4月~6月 1~3月
2011年 10月~12月 7~9月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2010年12月
 11月 10月 9月 8月 7月 6月



 トップページへ戻る